僕がYouTuberになったら

好きなことで生きていく。僕がYouTuberになったらの話。

YoutuberヒカルがDMMと協力して新事業を立ち上げる

スポンサーリンク

f:id:chacatechin:20170528231803p:plain

どーも、こんにちは。カテキンです!

みなさんYoutuberって知っていますか?Youtubeを中心に活動をしている人たちのことを言いますが、今その人気が凄いんです。

この間はその人気もありテレビでも特集されていました。

www.bokutuber.com

そのYoutuber中でも一目置かれているのがヒカルさん。登録者200万人超の大人気Youtuberです。

そんなヒカルさんが先日動画で新たな事業を立ち上げるということを宣言していました。

 

 

Youtuberヒカルとは

Youtuberのヒカルさんは2016年の3月18日にヒカルチャンネルを開設し、その年の12月20日にチャンネル登録者100万人を突破し、破格のスピードで日本のトップYoutuberの一人になった人です。

その勢いは衰えることなく、2017年5月29日現在チャンネル登録者200万人と、日本のチャンネル登録者数ランキングトップ10に入っています。

先日のテレビでは4年で2億円を稼いだと言うくらいその人気っぷりが伺えます。

 

そして偶然ですが今日5月29日がヒカルさん26歳の誕生日みたいですね。

新事業の内容


新しい事業を立ち上げます

Youtubeより引用

 簡単に言うと高卒の人を企業と繋ぐという新事業。株式会社VASとヒカルさんで立ち上げる大きな事業です。

高卒の人が職業やチャンスを得易い社会にしていくという大きな目標を持っていまがあります。

実はヒカルさんは大学に行っておらず最終学歴が高卒で、就職する時にあまりに選択肢がなく行きたくもない工場に就職したそうです。

その経験を活かし、高卒の人に選択肢を与えることのできる世の中にしていきたいとヒカルさんは考えています。

 

この新事業にあたってまずヒカルさんはDMMと協力することとなりました。

高卒の現状

高卒の人の就職の現状は基本的に自分で選べる機会は少なく、学校側が用意したものの中から選ぶといった流れがあります。

また自分で選んだ企業ではないので就職してもすぐに離職してしまう人が多いというのが現状です。

大卒の人よりも離職率が多いみたいですね。

 

そのような現状を打破すべく今回ヒカルさんとVASは新事業立ち上げに乗り出しました。

若者に選択肢を与えるイベント


年商2000億企業に潜入?新事業に協力してもらうため突撃交渉してみた

Youtubeより引用

そして今回DMMに協力してもらって行うのが「若者に選択しを与える巨大イベント」だそうです。

そこにDMMのオフィスを借り、こんな企業もあるんだよと紹介することで企業へのイメージを変え、選択肢を増やそうと考えています。

全国から野心のある人を呼びかけその中で様々な課題をクリアした人のみがこのイベントに参加できるそうです。

 

今回のイベントはDMM側も好印象で是非成功させたいという思いがあります。これからの社会に影響を与えるという面でDMMと協力できたというのはすごく大きなことだと思います。

DMMアカデミー

DMMアカデミーとは

・事業ではなく人への投資

授業料はいっさい無く、給料を貰いながら学べます。

・実践を通して社会を学ぶ

机上だけではなく、多くの職種・業種に関わりながら、自分で考え行動することで多くの知恵を学び、自分の適性を知ることができます。

・卒業後の選択は自由

卒業後に、DMMへ入社する、他社へ行く、自分で起業するなどは自由です。研修費や給与の返還を求めることはありません。(入社試験は別途あります)

DMMアカデミーから引用

 募集は現在締め切られていますが、年齢18歳から22歳で高卒の人を中心にビジネス研修やマネジメントゲーム研修などを行うことによって人材育成に取り組んでいます。

才能はあるのに経済的な理由で大学に行けなかった人や学校の勉強に馴染めなかった人を発掘し成長させるというのがDMMアカデミーの目的です。

 

DMMアカデミーは年商200億円のDMM.comの事業の一つで、ヒカルさんは新事業の立ち上げに伴ってこの大企業に協力してもらうみたいですね。

 

<p">今回ヒカルさんとVASがこのDMMアカデミーにアポイントを取った理由は今回の新事業のテーマである「高卒の人を企業と結ぶ」というものと考え方が近かったからでしょう。

新事業で搾取されるのか

一本目の動画が投稿された時にネットでは賛否両論ありました。

<p">「さすがヒカル」「本当に日本を変える気なんだ」という評価がある一方、「搾取されるだけだろ」という否定的な意見も上がりました。

 

しかし二本目の動画で授業料なしで給料をもらえるというDMMアカデミーとコラボしたことから、その可能性は低くなったと思われます。

ヒカルさんは高卒の人からお金を取るのではなく、企業等からのサポートを受けながら新事業を経営していくのではないでしょうか。

選ばれるのはひと握り

動画内でも言っていましたが、今回のDMMのオフィスに集まれるのはたったの300人。

VASの社長はおそらく40万近くの人が募集してくるだろうと予想していたので、選ばれる可能性はたったの0.00075%

高卒の人を企業と繋げる新事業ですが本当にひと握りの人しか新事業の対象にはなれないようです。

まだ第一回目なのでかなり少ない数字ですが、これが上手くいけば今後も何度かあると思うのでこれからの動向に注目です。

Youtuberとしての影響力を使い本当に才能のある人を発掘しようとしていますね。

ヒカルのビジネス

YoutberとしてYoutubeからお金をもらっているヒカルさんはそれだけじゃあきたらず、Youtubeの影響力を利用して新しい事業を企画しました。

今までこのようなことをしたYoutuberは少なく、Youtuberは広告収入と企業案件だけだという固定観念をいとも簡単に壊してしまいました。

そもそもヒカルさんがYoutubeを始める前からビジネスに興味があったこと。そして高みを目指そうという向上心の賜物だと思います。

 

また最近ではマンションを購入したり、関西コレクションとコラボすることになったりと、その活動の幅を大きく広げています。

根っからのビジネスマンであるヒカルさんがこれからどのようなビジネスを展開していくか気になりますね。

感想

個人的にはこの新事業はとても面白いと思いました。高卒の人をサポートしつつ才能のある人材を発掘また成長させるという事業はとても可能性を感じます。

しかしこの動画自体あまり再生数が伸びていません。Youtubeユーザーの大半を小中学生が占めているので、ビジネスの話は対象年齢があまりにも高かったように思えます。

なので今回の話を動画で取り上げたのはどうなのかなと思いますが、このように事業を進めていく経緯を動画で見せていくことによって20歳以上の新たな層のユーザーを獲得していくことができるかも知れないと思いました。

 

敷かれたレールの上をただただ歩いてきた人にとってヒカルさんの行動力はとても斬新なイメージを持ちます。Youtubeを逆に利用して社会さえも変えようとしていますからね。

カテキンも何かチャレンジしてみようかなぁ・・・w

 

では、カテキンでした!また後日ヒカルさんとDMMの代表の方が話をする動画が上がるみたいです。今後もヒカルさんの動向を追いかけたいと思います。

ばいばい!

 

400万人に愛される YouTuberのつくり方

400万人に愛される YouTuberのつくり方

 

 

スポンサーリンク