僕がYouTuberになったら

好きなことで生きていく。僕がYouTuberになったらの話。

「アデュー」はアディオスからの造語かと思っていた

スポンサーリンク

f:id:chacatechin:20170515064657p:plain

どーも、こんにちは。カテキンです。

いきなりですがみなさん、YoutuberのFischer's(フィッシャーズ)をご存知でしょうか。そのフィッシャーズの最後の挨拶「アデュー」。一度聞いたら言いたくなるような歯切れのいい音!

僕は毎回動画を見ながら、スペイン語の「アディオス」を勝手にいじった造語かと思っていました。

しかし、「アデュー」は実際に存在する言葉のようです。(アホ丸出しw)

 

 

 

「アデュー」はフランス語

では、「アデュー」は一体何語でどんな意味なのでしょうか。Google先生に聞いてみましょう。

アデュー【(フランス)adieu】 の意味

[感]長い別れを告げるあいさつの語。さようなら。ごきげんよう

デジタル大辞泉より引用

「アデュー」はフランス語で長い別れの時に用いる挨拶なのですね。フィッシャーズは動画の最後に毎回言っていて、軽いあいさつのように使っていますので、少し使い方が違うようです。

しかし、その歯切れのいい音と誰もが使いたくなるようなポーズもあり、視聴者にはかなり浸透しているみたいですね。

 

いろんなさようなら

いい機会ですので、いろんな国の「さようなら」をこれまたGoogle翻訳にかけて調べてみました。

  • 中国語:再见(Zàijiàn)
  • 韓国語:안녕(annyeong)
  • 英語:goodbye
  • ロシア語:до свидания(do svidaniya)
  • ドイツ語:Auf Wiedersehen
  • フランス語:au revoir
  • イタリア語:addio
  • スペイン語adiós
  • ポルトガル語adeus
  • ヒンディー語अलविदा(alavida)
  • アラビア語:(mae alssalama)مع السلامة

ざっと11ヶ国語並べてみました。実に様々な「さようなら」の形がありますね。

フランス語が「アデュー(adieu)」でないのは、普段使われるさようならが「au revoir」だからでしょう。

気になったのがイタリア語の「addio」、スペイン語の「adiós」、ポルトガル語の「adeus」、そしてフランス語の「アデュー(adieu)」の音が非常に似ていること。

どれもラテン語系の言語なのでよく似ているのでしょうね。

もうひとつ気になったのが、アラビア語の「さようなら」をこの記事で書く際に必ず右から左に文字が書かれること。

どうしてもアラビア語の右側に(英語読み)を書きたかったのですができませんでした。

日本のこのパソコンでもそれに対応しているとは・・・本当に技術の進歩におどろきです。

 

Google翻訳は今や103カ国語もできる

Google翻訳を使うときに知ったのですが、Google翻訳できる言語はなんと103カ国語!!

いやはや、時代の進歩におどろきですね。聞いたこともないようなイボ語やウルドゥー語など様々な言語を翻訳できるみたいです。

 

ちょっとアラビア語で遊んでみました。

 

日本語:僕はラーメンが好きだ

↓翻訳

アラビア語أنا أحب رامين

↓再翻訳

日本語:私はラーメンが大好き

おお!!wwうまくできた!

 

では次

日本語:すね毛が濃いのが悩みだ

↓翻訳

アラビア語انها شعر الشين مظلمة هو مشكلة

↓再翻訳

日本語:それは黒髪しんが問題です

?!?!なになに???

全然翻訳できていない!さっきは完璧だったのに!

だしんとはなんぞやだしんとは!!

まぁ進歩したとは言ってもまだ完全ではないみたいですねw

アラビア語が得意な人はなぜこうなったか教えてください(笑)

 

では今日はここまで。是非読者登録ボタン、Twitterのフォローお願いします!

それじゃ、アデュー!!

スポンサーリンク