僕がYouTuberになったら

好きなことで生きていく。僕がYouTuberになったらの話。

【Youtuber】プレゼント企画は一日にどれだけ行われているのか検証してみた

スポンサーリンク

f:id:chacatechin:20170515073632p:plain

どーも、こんにちは!カテキンです。

今回の企画は「プレゼント企画は一日にどれだけ行われているのか検証してみた」です!

現在のYoutube界においてチャンネル登録者数を増やすために行われているプレゼント企画。日々いろいろなYoutuberの方がプレゼント企画をしています。

しかし有名Youtuberだけでなく、名前も知らないYoutuberの方もプレゼント企画をしているのをご存知でしょうか。

僕たちがまだ知らない、プレゼント企画はどれだけ行われているのか、一体どのようなタイミングでされているのか、またそのプレゼントの内容とは・・・

 

 

検証スタート!!

 

 

プレゼント企画は一日にどれだけ行われているのか

まず一日にどれだけのプレゼント企画が行われているかをYoutubeにて検索しました。

検索の仕方は、検索ワードに「プレゼント企画」、フィルタのアップロード日を「今日」にして検索しました。

その結果・・・・

 

 

 

ヒット件数207!!(2017年5月14日に検索)

思ったよりも多い。全ての動画を見ようと思っていましたが、これは厳しそうですねww

その内訳は

  • プレゼント企画 84件
  • 当選発表 24件
  • 抽選 2件
  • その他 107件

プレゼント企画と当選発表は半々くらいかなと思っていたのですが、プレゼント企画の動画のほうが圧倒的に多かったですね。

また、その他にはなぜ検索でヒットしたかわからないような関係のない動画が入っています。

 

Youtuberのチャンネル登録者数

では、プレゼント企画をしているYoutuberのチャンネル登録者数は何人なのでしょうか。

5月14日の検索では大半の人が知っているような有名Youtuberはいませんでした。そのプレゼント企画を行っていた84人の中で一番チャンネル登録者数が多かったのが10000人。その人以外は1000人以上が7人。あとは1000人にも至ってない人でした。

ちなみにチャンネル登録者0人、視聴回数0回の方もいました。

 

プレゼント企画のきっかけ

プレゼント企画をするにあたり、何かしらのきっかけがあると思うのですが、どのようなきっかけでプレゼント企画をしているのかまとめてみました。

  • 〇〇人突破記念、皆さんに感謝を込めて~
  • 〇周年記念
  • 罰ゲーム
  • 自分の誕生日
  • きっかけなし

調べてみると、一番多かったのが〇〇人突破記念。やはり、プレゼント企画をするにあたって一番いいタイミングですよね。視聴者さんに感謝を伝えるという意味で行えば、チャンネル登録者を増やそうとしているという意図があまり見えないと思います。

その次に多かったのが〇周年記念。こちらも先程と同じように、プレゼント企画でチャンネル登録者を増やそうという意図が見えにくいですね。

面白かったのが、罰ゲーム自分の誕生日にプレゼント企画を行っている人がいたこと。罰ゲームで負けたほうが視聴者にプレゼントをあげるというのはまだ分かりますが、自分の誕生日なのにプレゼントをあげるというのはよく理解できませんねw

 

どんなプレゼントがあるの

ではどのようなプレゼントがあるのでしょうか。以下にまとめました。

  • Nintendo Swich
  • iTunesカード、Google Playカード
  • 化粧品
  • 遊戯王カード、他のカードゲーム
  • ディズニーの置物
  • バスケットシューズ
  • よくわからないおもちゃ
  • ゲーム内のアイテム、キャラ
  • エアガン
  • ぬいぐるみ

自分が調べることができた範囲でも実に様々なプレゼントがありました。チャンネル登録者が少ない人でもNintendo SwichであったりiTunesカード、Google Playカードをプレゼントとして用意しているケースもあり、プレゼント企画に対する本気度が伺えますね。

 

実際に応募してみた

 実際に応募してみました。応募の内容はチャンネル登録者10人記念。iTunesカード5000円分を1名にというものです。チャンネル登録とコメントのみでいいということだったのでチャレンジしてみました。

人気Youtuberと異なり、ライバルがかなり少ないので当たる可能性が高いと踏んでいますが、果たして当たるのでしょうか・・・

チャンネル登録者10人で5000円はかなり挑戦的だと思いますが、今のYoutube界で生き残っていくためには必要な出費なのでしょうね。

当たったかどうかは、またTwitterの方で報告したいと思います。

 

では、今回はここまで。ぜひ読者ボタン、Twitterのフォローをお願いします!

それでは、あでゅー!!

 

スポンサーリンク